Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Emma Watson, "Gender Equality is Your Issue Too"

非常勤の英語授業で使おうと、学生受けするエンターテイメント性があり、同時に硬派で社会的テーマをあつかった英語圏の視聴覚教材を You Tube で収集していると、やはりジェンダーや LGBT に関する演説に行き当たることが多い。人種差別、ジェンダー、LGBT……、そのような課題に対する日本と欧米の「常識」の違いは、恐ろしいものがあります。

M大学の英語授業で、エマ・ワトソンの国連スピーチ "Gender Equality is your issue too" を取り上げ、学生全員で和訳の上、スピーチを試聴。いつも「少女」に夢を託す宮崎駿的な思考様式という人もいるかもしれませんが、スピーチとして大変卓越しているので、印象に残った箇所についてのみ触れておきます。



               ***

エマ・ワトソンのスピーチの「一つめの山」は、フェミニズムをめぐる議論への、男性に向けた「正式な招待状」の送付だろう。

エマ・ワトソンは、フェミニズムが定義上「男女同権主義」である以上、自分自身も「フェミニスト」であると自覚してきたが、最近、「フェミニズム」という言葉が「不人気な言葉」であると気づいたという。

なぜか?(以下私訳)

(1:51)
the more I have spoken about feminism the more I have realized that fighting for women’s rights has too often become synonymous with man-hating. If there is one thing I know for certain, it is that this has to stop.

フェミニズムについて話せば話すほど、私は、女性の権利のための闘いが、「男性嫌い(man-hating)」と同義語として流通していることをわかってきました。私が今確実に言えることは、この状況は変わらなければならない、ということです。

(6:21)
In 1995, Hilary Clinton made a famous speech in Beijing about women’s rights. Sadly many of the things she wanted to change are still a reality today.

But what stood out for me the most was that only 30 per cent of her audience were male. How can we affect change in the world when only half of it is invited or feel welcome to participate in the conversation?

Men—I would like to take this opportunity to extend your formal invitation. Gender equality is your issue too.

1997年にヒラリー・クリントン氏が北京で女性の権利について有名な演説をしました。残念ながら、彼女が変えたかったことの多くは未だに現実として残っています。

しかし私が一番引っかかったのは、その演説の聴衆のうち、男性がたった3割がだったことです。もし全体の半分しか招待されなかったり会話に入るのが歓迎されない状況だったら、どうやって世界に変化を与えることができるでしょうか。

男性にみなさん。今日この機会を使って、私はあなた方へ私から「正式な招待状」をお送りしたいと思います。ジェンダーの平等は、あなた方の問題でもあるからです

               ***

第二に興味深いのは、「inadvertant feminist」という言葉。

エマ・ワトソンは、自身がこれまで「思いもかけないフェミニスト(inadvertant feminist)」に恵まれてきた、という。たとえば、娘に生まれたがゆえ両親から「より少なく愛される」ことはなかった。女学生だからといって学校で教師から教育を制限されることはなかった。いつか子どもを産むかもしれないからといって上司から不利を被ることもなかった。

これらの人々は、すなわち、フェミニズム(男女同権)を「論じる人々」というより、それを「論じるまでもない当然の前提」として「振る舞う」人といえる。それをエマは、「inadvertent feminists」と呼んでいる。

「inadvertent feminists」は、このスピーチのなかで最も訳しにくい言葉で、あえていえば「偶然の/思いがけない/隠れたフェミニスト」というような意味といえようが、スピーチ全体の文脈においては実に説得的に響きます。

               ***

第三に興味深いのは、「ジェンダーの平等」を論じる締めの部分で、E・バークの言葉が引用されていること。見事な「思想の恣意的かつ効果的利用」であり、その直後に、このスピーチの決め台詞、「if not me, who? If not now, when?」が出てきます。

(9:57)
You might be thinking who is this Harry Potter girl? And what is she doing up on stage at the UN. It’s a good question and trust me, I have been asking myself the same thing. I don’t know if I am qualified to be here. All I know is that I care about this problem. And I want to make it better. And having seen what I’ve seen—and given the chance—I feel it is my duty to say something.

English Statesman Edmund Burke said: “All that is needed for the forces of evil to triumph is for enough good men and women to do nothing.”

In my nervousness for this speech and in my moments of doubt I’ve told myself firmly—if not me, who, if not now, when. If you have similar doubts when opportunities are presented to you I hope those words might be helpful.

みなさんは疑問に思うかもしれません。「このハリー・ポッター少女は何してるの?」、「国連の舞台でお前がなんでまたジェンダーを?」――。もっともな疑問です。そして、信じもらいたいのですが、まさにそれと同じ疑問を、私自身、自問自答してきました。私は、ジェンダーの平等に関心を持ち、それを改善したいと思ってきましたが、自分がこの場で話す適任者だという自信はありません。しかし、これまで自分が現状を見てきた以上、そして話すチャンスを与えられた以上、何かを話すことは私の義務だと受けとめました。

イギリスの政治家、エドモンド・バークはこう言っています。「悪徳の力が勝利するためには、善人がいれば十分である……。すなわち、何も行動しない善人が(good men and women to do nothing)」。

このスピーチの準備にあたって不安のなかにいるとき、また、私でよいのか疑問に襲われたとき、私は自分に固く言い聞かせてきました。「私でなくて誰、今でなくていつ(if not me, who, if not now, when)」。もしあなたにチャンスが与えられたとき、そして同じような疑問や不安のなかにいるとき、この言葉があなたを勇気づけることを望みます。

               ***

何かの社会的発言を行うとき、それに伴う不安や迷いのなかにいるとき、「私でなくて誰、今でなくていつ(if not me, who? If not now, when?)」という言葉が、当人の背中をふっと押す、ということは、リアリティがあります。「フェミニズム」という言葉をめぐっては色々な議論があるでしょうが、スピーチの技巧としても優れていると思います。

来年のノーベル平和賞、憲法9条にまた思わぬ強敵が現れはしないかと、と心配な思いです。
[PR]
by akai1127ohi | 2014-11-27 01:14 | 散文 | Comments(0)

大義なき解散総選挙を憂う

にわかに「解散風」が吹きはじめ、新聞各紙はもはや衆院解散総選挙をすでに既定路線として報道している(2014年11月14日現在)。

衆院の任期を半分も残した、大義なき、意義不明な総選挙だ。
まずは何より、この意味なき解散総選挙を批判することが、当座、いわゆる「政治的に正しい」態度と思える。

何ゆえこの解散総選挙に大義がないか?

何より有権者がそれを求めてはいない。国論を二分する大きな政治課題を前にして、機能不全に陥った議会に対し、有権者が業を煮やして要求した解散総選挙ではない。単に、安倍氏周辺の(それ自体の合理性もよくわからぬ)、完全に政局理由のための解散だろう。

第二に、現下の状況であれば、総選挙の結果によって生じる新議会が今のそれと大きく変わるとは思えない。安倍政権は、秘密保護法や集団的自衛権をめぐる強引な国会運営のマイナスと、消費増税の先送り&「とりあえず他に政権選択肢がない」現状とが相殺され、衆院300近い巨大与党として議席減は織り込み済みだが、決して下野するほどではないだろう。

野党は伸びるところもあるだろうし、それ自体は言祝ぎたいが、最大野党の民主党には復調の兆しが見えず、全体として政権の大枠を揺るがすほどではない。何が与党の「勝ち/負け」かは、その定義自体がすでに政治の言葉の力関係の対象だが、安倍首相以外に有力な目玉候補がいない現状では、結局、安倍政権が、「生暖かい正統性」のまま存続すると思える。

有権者の突き上げや要求もなく、結果的に現下の議会構成と大幅には変わらないだろう解散総選挙。「念のため解散」(高村・自民党副総裁)などというが、「念のため」に750億円の税金を使って総選挙を行うことに、どんな建設的意味があるだろうか。

               ***

とはいえ解散権は「権力中枢の専権事項」であり、いかに意味不明だろうが、行使されれば野党も含め選挙に突入せざるえない。

そうである以上、民主、生活、共産、社民などの野党はぜひとも「大義なき、意義なき解散総選挙」に対する批判を土台に、小選挙区で候補を絞り連携してほしい。
[PR]
by akai1127ohi | 2014-11-14 22:53 | 政治時評 | Comments(0)

【詩】 中沢啓二「黒い雨にうたれて」

作家の「問題意識」
否、そんな上品な話ではない
包装紙無用の怨嗟怨念
他の誰でもない
劇画内で激しく炸裂する著者の復讐

アメ公に惨めに許しを請わせ
許しを請う相手を問答無用に制裁する
貫徹される正義

ただチュインガムを噛んだだけで
土着者から怒りの鉄槌を浴びせる倫理

それでも尚
不条理を負わされながら
何一つ呪わぬ善良な民
善良の街

ケロイド持ち雲助を蔑み
焼酎飲みが盲目者を蔑む
蔑みの街

差別と絶望と抑圧移譲の街
諦めと無教養とヒロポンの街
ヒロシマ

しかし愛
それも
小さき者にのみ向けられた愛

それでも尚
弱き者にのみ託された
本当を見る「眼」

すべての怨嗟
すべての蔑み
すべての差別
それらすべてが出そろって尚
最後の一コマに委ねられる
未来への希望
[PR]
by akai1127ohi | 2014-11-01 23:26 | | Comments(0)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧