Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

オバマの理念と安倍の「理念」

先月(2014年4月)の日米会談を終え、銀座すし屋で仕事の話ばかりしたオバマを「実務的な大統領」とする報道があったが、これほどの虚報はないと感じる。オバマは、近年の米国大統領で稀に見る「抽象的理念の好きな大統領」、高邁な思想を語るのが好きな大統領といえよう。「抽象的な理念」を語るのが好きな点で、オバマは安倍に似ているともいえる。

問題は、その「抽象的理念」の方向が、オバマと安倍では180度異なる、ということです。それゆえ、オバマは、先日の日米会談では、「こいつと語るに及ばず」とばかりに、安倍氏との会談では理念などには触れず、実務的態度に徹した。それだけのことだろう。もとより、オバマの理念と、安倍の理念を、下手に同等に扱われて論評されてもそれはそれで困りますが。

          ***

大学での英語リスニング教材として使おうと、オバマ二期目就任演説をスクリプト込みで拝聴。改めて内容を精査し、非常勤の帰路の電車内で、実に身震いする高邁な理念にあらためて天晴れと感じた。

ブッシュJr が外国との戦争によって、「悪の枢軸」との対比によって、いわば「外在的」にアメリカ国民の統合を図ったとすれば、オバマは、独立宣言以来のアメリカの政治実践と歴史的達成に訴求し、自らの政治社会の歴史的達成の記憶を呼び起こすことによって、いわば「内在的」にアメリカという nation の統合を図っている。

オバマは就任演説の冒頭で、米国独立宣言を読み上げ、「これらの『言葉』と我々の同時代の『現実』を架橋する我々の任務」を唱えながら、「神から与えられた自明の事実」は決して「自明に執行される事実」ではなく、「我々によって今ここで実現されねばならない」と説いている。

言葉だけの権利の無意味さを説き、形式的な権利を「真に受けて」、今、目の前の現実で「実行」することを主張するこの態度は、文字通り、丸山真男の言う「権利に上に眠る者は権利の享受に値せず」ということです。そして、こんな青臭い説教を真顔で言う人間が、我々の政治社会たるこの「日本」において、身近にどれほどいるや、と思わざるをえません。


[PR]
by akai1127ohi | 2014-05-09 23:43 | 政治時評 | Comments(0)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧