Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

政治時評(13)―「国防軍」という非合理

かつて自民党が「保守」政党だった時は、言葉でうまく本質を誤魔化そうとした(euphemism)。戦争を「有事」といい、侵略を「進出」といい、軍隊を「自衛隊」といい、本質をオブラートで包むことによって、統治を「円滑」に行おうとしてきた。だからこそ加藤周一が、「言葉の本質を批判的に吟味せよ」といったのだろう。

今、自民や維新は、逆に言葉に自分たち固有の信条を込め、言葉で自分たちの信条を開陳している。言葉は、「耳ざわりの良さ」で本質を糊塗する手段、「円滑」な統治のために婉曲的に使う媒介から、自分たちの右翼心情をダイレクトに開陳表明するための媒介になっている。自衛隊を「国防軍」といい、中国を「シナ」といい、等。

「自衛隊はすでに実質上は国防軍だから名前も『国防軍』に変える」というのは、リアリズムからは導出されない論理と思える。自衛隊がすでに「国防軍」だというのなら、なぜあえて一定の批判を承知してまで「言葉」を変えるのか。実質的に国防軍である存在を、「自衛隊」という名前で多数の人々が実質的に許容している現状を、何ゆえ冒険的に変更するのか。そこにあるのは、「保守」のリアリズムの放棄であり、自己信条への非合理的執着と思える。
[PR]
by akai1127ohi | 2012-12-19 03:15 | 政治時評 | Comments(2)

【詩】 民主党

民主党
気まぐれで遊ばれた玩具
側溝に乗り上げた車
賞味期限の切れたドーナツ

誰もがお前を批判した
解のない閉塞のなかで
お前を批判することは
最も容易な「一致点」であった

即席の「もっともらしさ」の中で
お前を批判することほど
「多数派」であることはなかった

民主党
それは弱さといやらしさの仮象
われわれ自身の空疎なマネキン
「日本国民のツケ」を一身に背負った鬼子

その結果
誰もがお前を嫌った
或る者はお前の右頬に唾を吐き
或る者はお前の左頬をひっぱたいた

お前を罵るほど
誰からも罵られないことはなかった

人から愛されないまま
未遂に終わった子ども
人を信じることを知らず
裏切りだけを知って死んだ子ども

今、お前への野辺送りの時が来た
燃え盛る送り火を見ながら
私は何もできないでいる

お前をとりまく多くの不合理のなかで
それを解明することも
ましてそれを克服することも
できないまま

ただ泣きながら
誰かがお前の「骨を拾う」のを
他力本願に俟っている
[PR]
by akai1127ohi | 2012-12-12 03:30 | | Comments(3)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧