Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

参院選の感想―左右糾合した「民主党批判」の政治的帰結

鳩山政権に対する異様な批判大合唱は、ネット右翼、産経、朝日、共産党など政権外左翼、「新しい社会運動」に共通したものでした。内容的には相互に矛盾しながらも異様な激しさにおいて一致・糾合してきたこれらの異様な政権批判を、私は非常に奇異な光景として感じてきました。

社共が伸びての「民主党大敗」なら大歓迎です。
重要なことは、とにかく「民主が負けること」ではなく、どのような「負け方」をするか、です。現実に示された「民主党大敗」の政治的意味は、「自民復調・みんな躍進」によるものでした。

               ***

現在の政治言論の磁場を少しでもふまえれば、「民主党批判」が「民主党以左」の躍進につながる条件はほとんどありませんでした。したがって、左右に共通した異様な「民主党批判」の政治的帰結が、「自民復調・みんな躍進」といった類の結果になるのは、ある意味で当然だったのではないでしょうか。

ネット右翼や読売などの「民主党批判」は、元来が旧政権の支持層である以上、ある意味で当然でしょうがない(i.e. つける薬がない、ということ)。しかし私はむしろ、この程度の民主党政権さえも「危険な左翼政権」として危機が煽られる政治磁場の力関係のなかで、左翼の側はその「民主党批判」が、「自民復調・みんな躍進」の上での「民主党大敗」にしかならないということを、わかった上で「民主党批判」をしていたのか、率直に疑問を感じる。

結果として、少なくとも参院選の結果は、小泉路線継承の「みんな」が躍進し、民主党は千葉景子などリベラル派が落選、躍進した「みんな」との連立工作に引きずられる形で民主党内の「ネオリベ派」が加勢されたといえる。およそ、選挙結果としては最悪の結果だったのではないでしょうか。

               ***

「沖縄を裏切った民主党に怒りの鉄槌が下ったという点では一歩前進だ」

基地問題にとりくむラディカルな社会運動からのこのような選挙総括も聞きます。
しかし、民主党以上に消費増税を主張し、そもそも「辺野古移設」の前提視の下で基地問題を「意識化」すらさせなかった自民党が「復調」したという政治的現実は、どこに行ったのでしょうか?

やみくもに「民主党大敗」だけを求める議論が、彼らの立論から行っても「政治的後退」である事実を不可視化した上で、「一歩前進だ」とするこのような論理は、骨折の痛みが憎いあまり足を切ってもかまわない、という議論のように聞こえます。端的に言ってこのような態度は、政治的な現実に対する「誠実さ」、政治的現実を誠実に向きあうなかで必然的に生じる迷いや逡巡を欠いているように思います。

               ***

何度も言うように、これは民主党擁護ではありません。
そうではなく、むしろ、民主党を引きずり降ろさんとする激しい批判が「肯定的意義」を持つ段階に日本の政治はすでに至っているのか、民主党を否定した上で新たな展望を担う政治的力を今この条件で左翼が持ちえているか、そして、有権者の間にそれを受け入れる用意やコンセンサスが成熟しているのか、という自問です。

杞憂であることを望みますが、「改革」の美名の下での闇雲なネオリベ路線や、自民党がその政権末期に垂れ流したあの恐ろしく空疎な国家主義「哲学」をまた聞かされるのかという危惧が、脳裏をよぎらないわけでもないからです。
[PR]
by akai1127ohi | 2010-07-28 01:55 | Comments(0)

60安保闘争から50周年(完):60年、68年、そして2010年

60年安保闘争の歴史的解釈については二つの見方が指摘されている。

第一に「新左翼史観」で、全学連主流派(ブント)の行動を評価し、それを中心に安保闘争を見るもの。清水幾多郎、吉本隆明など。国民会議や共産党は批判的に言及される。

第二に「市民主義」史観で、近代主義的知識人、たとえば日高六郎、久野収などを中心とする。これ以後、それまで日本語の中で否定的ニュアンスをもってきた「市民」が規範化、類型化されることになる。

「新左翼」と「近代主義者・『市民』主義者」の両者は、60年安保闘争においてイデオロギー的な競争者であったが、敵の前では共同していた。

「60年安保闘争においては、市民運動と新左翼運動との誤解を含んだ共闘が成立していたのである」(大嶽秀夫、『新左翼の遺産』、p120)

               ***

しかし、1968年において両者は完全に対立し、新左翼は近代主義的知識人の「戦後民主主義」や「市民主義」を徹底批判することになる。1960年において両者はそれでも共闘していたのに対し、1968年は広い意味で新左翼と近代的知識人との「内ゲバ」へと移行する。

1960年と1968年には、その他にも例えば以下のような差異がある。
①樺美智子合同慰霊祭に見られたように、60年には学生、職員、教員は共同していたが、68年には対立していた。②安保闘争は学生のみならず労働者、知識人、「市民」が参加したが、68年は学生中心だった。③60年の象徴的な闘争舞台は国会だったが、68年は安田講堂。④これは you tube で当時の映像を見ればわかるが、60年の学生は丸腰なのに対し、68年の学生はヘルメットやゲバ棒などで武装している。

総じて、68年の中にすでに72年(あさま山荘)の萌芽が包含されていたのではないか、とも思える。



               ***

沖縄やアジアへの意識、被害よりも加害の意識が強調されだしたことは、68年の前進的な側面であろう。「本土」における沖縄への意識は60年代半ばから出てくる。70年安保の際、沖縄は「本土」においても比較的さらに意識されるようになる。

今に残された課題として、「戦後民主主義」や近代主義者の「市民主義」といった60年の遺産の「否定」の上にではなく、60年の遺産にこれらを「追加」すべきもののように思う。
[PR]
by akai1127ohi | 2010-07-18 16:52 | Comments(0)

「釣り士」という職業

ひょんなことから、中学生のときに憧れていたフィッシング・ライター、村越正海のブログを見つけた。

ブログを見ると、村越氏はあいかわらずシーバス方面に強いようである。海、川、湖、そしてそれらに性格を与える天気の動き具合を見据えながら生活している様子が伺える。ビールのつまみがてらに夕暮れの酒匂海岸でサバのルアー釣りをして、外道でシーバス。「豊かな生活」とは、こういうことのようにも思える。

3万円近いシマノのシーバス・ロッドを買ったにも関わらず、恥ずかしながら、私はシーバスを釣った経験がない。そのシーバス・ロッドは今や埃をかぶっている。いつか、あの伝説的なシーバスの引きを味わってみたいと思う。

               ***

小遣いをすべて釣り道具に使い込み、釣り士になるから高校には行かないと宣言した中学生時代。親に対して「釣り士」などというおよそ堅気とはほど遠い職業を提示する際、子どもなりに明確に持っていたイメージが、村越正海だった。

               ***

人生は機会費用だ。
一つの道に進めば、別の道を捨てることを余儀なくされる。

村越正海のブログを見ながら、「釣り士になる」という希望通り、今自分が「釣り士」になっていたらどうだろう、などと思いが巡った。海風に吹かれ、日に焼けた村越正海の健康的な笑顔に、今の自分にないものを強く感じ、羨望を覚えた。
[PR]
by akai1127ohi | 2010-07-18 00:20 | Comments(0)

60安保闘争から50周年(5):intermezzo

すべてうまくいった。
たくさんの人が来てくれた。
自分もそれなりにだけどうまく話せたと思う。

終ってみんなで楽しく飲んだ。
吉祥寺のハモニカ横丁で朝をむかえた。

               ***

60年安保が終焉したのち、空虚な倦怠感のよぎる街に、西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」が流れたという。

今、企画が終わり、一人になると、どこか寂しくなる。
街の景色を見ながら、ふと頭をよぎる。

There's always some reason to feel not good enough

とりわけて理由はないけど、何かが足りないような、どこかさびしい気持ちを持てあました。

               ***

ダブリンの中心部、キルデア通りに面したパブではじめて聞いた。その時はピアノ伴奏だけだったので、歌詞があることは後で知った。

There's always some reason to feel not good enough.

長かった梅雨が明け、窓の外は盛夏の様相だ。
新しい目標を定めて、また気持ちを高めるその前に、すこし空ろな気持ちまどんだ時間があった。


[PR]
by akai1127ohi | 2010-07-17 00:30 | Comments(2)

60安保闘争から50周年(4):15年遅れの「自力再選択」

60年安保闘争の意義を私なりにかなり大胆に三つにまとめると、1945年に押し付けられた―少なくとも自力で主体的に行いえなかった――(1)戦争犯罪者の追放、(2)国民主権の獲得、(3)平和主義の選択を、「日本国民」が15年遅れで自力再選択したという点にあるように思う。

               ***

第一に、安保闘争の背景にあった、当時の日本に内在的な厭戦主義、平和主義の自覚化である。60年安保闘争を支えた要因の一つは、小林トミに見られるように、「戦争に巻き込まれたくない、戦争はもういやだ」という、経験的な厭戦主義、素朴な平和主義だったといえる。60年安保闘争に示された戦争への拒否反応は、日本の内側から生じた自力の平和主義要求、「与えられた」9条の自己獲得化の一端ということができるだろう。

第二に、岸に代表される「戦前的なもの」の自力拒絶である。安保闘争は岸という悪役を抜きには成り立たない。A級戦犯でありながら、アメリカの好意を買うために強行採決する「キツネ」「卑劣」「コソ泥」「小悪党」「トラの威を狩るキツネ」……。

「5月19日の強行採決を境に、問題は安保への賛否から、『戦前日本』と『戦後日本』という『二つの国家のたたかい』に転換しつつあった。そして岸への抗議ほど、『戦後日本』への愛国心を、公然と表明できる機会はありえなかった。」(小熊、『民主と愛国』、p512)

それは、戦前の系譜を強く引きずる岸に対する「人民裁判」であり、15年遅れの、自力での「戦争裁判」であった(保坂正康、『60年安保闘争の真実』、p160。ただし、アジア諸国に正義をもたらすという意識ではない)。

第三に、日本国憲法に示された「国民主権」の自力再選択である。
5・19の強行採決を境に、①デモ参加者の背景が動員型から自主型へ、②争点が安保条約から民主主義擁護へ、移行したことはつとに指摘されている。これ以降、岸内閣への対応は、「日本国民」による戦後民主主義の事後確認となり、「民主主義擁護の試験問題」となった。

「あのときの安保闘争とは、岸首相への嫌悪感に代表される太平洋戦争への心理的な決算と、敗戦から15年をへての戦後民主主義そのものの確認の儀式、といった趣があったように思う」(保坂、p12)

               ***

1945年に押しつけられたもののいくつかを、15年遅れたが、当時の「日本国民」はそれなりに自力で再確認する手続きを踏んだ。戦後のアジアが一様に課せられた「民主主義擁護の試験問題」という課題、それに対してそれなり応えるべく格闘した歴史と、日本も無縁ではないという点は、この国のデモクラシーを担う者にとって、一つの救いであろう。

もちろん、安保闘争について批判的に問い返されるべき問題も多く、それは次に備忘録として書いておきたい。しかし、私はあえて、以上のような肯定的側面を強く受けとめておきたい。安保闘争は、国会院内に終始されえない「主権者の在り処」を明瞭に意識させることで、戦後日本デモクラシーにおける大きな遺産として残っているように思う。

               ***

「ブリュメール」

そこには みにくさがある
アメリカ革命にあったように フランス革命にあったように
人間のみにくさがある
そこには 悲惨がある 
それら以上の悲惨さがある
しかし よりひたむきな清純さが 自由以上の自由を求める心が
そこにはある
そんな風に私は思う         「ブリュメール」(樺美智子)
[PR]
by akai1127ohi | 2010-07-14 14:07 | Comments(0)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧