Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

京都・奈良(3): 『居酒屋の加藤周一』 



               ***

立命館の生協書籍部、「立命館コーナー」で同書を購入。
カウンターで本の検索を頼むと、中年女性の店員さんに、「そんな(変な)書名ですの?」と言われた。

               ***

最初にかもがわ出版の編集者が考えたタイトルは、『居酒屋での加藤周一』だったらしい。間違いなく反対されると思いながら編集者が加藤周一に提案すると、

「そりゃ面白い、『で』はいらないな」

と言われ、『居酒屋の加藤周一』になったらしい。

               ***

加藤周一と、それを囲む京都の人々の会話から、人々が「教養」を欲求をそれを尊重していた時代を感じる。また、その欲求を満たしてくれる知識人の姿も感じる。細部に至っては歴史考証や正確性について議論もあるだろうが、細分化した「専門知」の研究者には話せない洞察も感じます。

オリンピック、村上春樹、臓器移植、車社会……、いかにして態度決定していいか分からない問題が生じたとき、人々が加藤周一に意見を求めます。それに対し、加藤は常に「模範解答」を投げ返します。

               ***

加藤周一が折々に見せる近代中心、ヨーロッパ中心主義は、今から見ると少し度が過ぎるという印象もあります。その裏返しは近代以降の日本をめぐる「自虐史観」で、これが鼻につく人も多いはず……。

左派知識人の総退場がいわれて久しい。
しかし、彼らが格闘した問題群もそのまま消え去ったのだろうか?

たとえば、われわれの親父の世代が徐勝兄弟に対して示した支援と連帯を、その後の世代は、トフティさんに対して示しているだろうか?権力による学問への強権的干渉こそ、知識人――あるいは「研究者」もまた――がまとまって「活躍」すべきまたとない局面のようにも思えます。トフティさん事件は一例ですが、今現在のこれらの問題を「問題化」しないままに「左翼知識人」の「時代遅れ」を論じる風潮に、私は同意できません。

               ***

職業的な専門知に仕える研究者や、毎日の仕事や雑事を抱える非研究者が、加藤周一のような「知の巨人」になるのは不可能です。加藤周一を神格化する風潮には「適切な距離」をとりたいとも思います。それでも、教養や知識への尊重を復権し、自分たちの文化や社会を批判的に見つめ返し、小市民的傍観者におちいることなく、自分の頭で自律的に考え発言する、「小さな加藤周一」を目ざすことには意義があるだろうと思う。
[PR]
by akai1127ohi | 2009-09-30 21:23 | 散文 | Comments(0)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧