Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

「チェ 28歳の革命」(2008年、西・仏・米)

渋谷で「チェ 28歳の革命」を見てきました。
感想を羅列的に記しておきます。

               ***

まず印象的だったのは、ゲバラの軍隊の描写にマッチョイズムがないということ。
軍隊といえばビンタや鉄拳制裁が横行する旧日本陸海軍の暴力主義をイメージする私にとっては、ゲバラの軍隊はとても合理的でsoftに感じられた。夜警の見張り番を組織する任務の兵士に対して、きちんと当番を行うようゲバラが叱咤するシーンがあるのだが、ゲバラは農民兵士にも「責任」の概念がわかるように理屈で接する。またゲバラは決して部下を怒鳴らないし、兵士同士の関係のささくれあいを仲介解決する仕草も実にさりげない。農民や文盲も含む軍隊を統率する「職業革命家」のリアリズムを感じた。

               ***

マルクス・レーニン主義、トロツキズム、毛沢東主義があるのに対して、ゲバラ主義というのはない。映画でも、ゲバラにあるのはゲリラ闘争の実践で、それを支えるイデオロギーや思想は出てこない。アルゼンチン人でキューバ革命に参加し、コンゴやボリビアに移るゲバラは、どこか一つの国家のナショナリストでもない。唯一、反米主義というのがゲバラを定義しうるismかも知れないが、それが理論化されているわけではないし、映画でもそれほど強調されない。ゲバラは実践の人で理論の契機は少ない。むしろ不平等な構造への素朴な怒りがその実践を支えていたといえるだろうか。思想の契機が欠如しているように思えた。

                ***

今、チェ・ゲバラに最も近い人物は誰だ私は金正日だとも思った。
キューバはスペインとアメリカという植民地宗主国の支配のなかで、自国の運命への当事者性を奪われてきた。1898年の米西戦争による「独立」は、スペインからアメリカへと主人が交代しただけだという。北朝鮮もまた、戦前は日本、戦後はアメリカとソ連という覇権国家から自国の発展への当事者性を回復するために「主体思想」を主張してきた。

キューバも北朝鮮も、小国でありながらアメリカと正面から対峙し、アメリカからの経済援助はびた一文もらわず、それがゆえに正面からアメリカを批判しえる。日本のようにアメリカの傘下に下り、国家的主体性を犠牲にして経済繁栄を謳歌した国とは対照的だ。またキューバも北朝鮮も、国家の対外的独立としての「自由」を第一義とし、国民の「市民的政治的自由」を犠牲にしてきたことも似ている。

アメリカを批判するあまり、アメリカの持つ普遍的な理念まで拒絶してしまうのは認められないし、アメリカを批判するから国内は一党独裁でも構わないという訳では決してない。しかし、この映画を見る日本人の観衆にとっては、腹がへっても国家の「主体性」を追求するような国家形成の契機を真剣に理解することが一番重要ではないだろうか。

               ***

20世紀の歴史において、革命が成功する条件は非常に限られていた。
レーニンは革命成功の一般的な条件として、旧権力の極度の腐敗と機能不全、大衆における革命的階級意識の存在、強力な共産党の存在、その共産党を指導する傑出した指導者の存在を挙げるが、ラスキは、その条件なるものは、ロシア革命の際の特殊な条件の要約にすぎないとして、革命の一般化を批判する。

革命が成功する一時の条件を逸せずに果敢に行動を起こすことの偉大なメリットと、革命が成功する条件が未成熟であるのに革命を起こして社会改革と大衆に深刻な惨禍をもたらすことの取り返しのつかないデメリット――それでも後者を正当化しようとする破滅的な英雄主義に、共感できる余地は多くない。

キューバ革命を、条件の異なるコンゴやボリビアで再現しようとする「チェ 39歳 別れの手紙」は、よりペシミスティックになっていくのではないかと推測している。
[PR]
by akai1127ohi | 2009-01-30 18:52 | 散文 | Comments(2)
Commented by それがし at 2009-01-30 20:24 x
たかしです。
大筋で賛成します。
Commented by akai1127ohi at 2009-01-31 02:18 x
>たかしさん
コメントありがとうございます。
「39歳」の方も見に行く予定ですので、見た後でまた感想を書こうと思います。
ちなみに私は南米については実に無知ですが、映画中、ゲバラとカストロがメキシコで初めて会ったディナーの際の、料理が大変おいしそうに見えて、いつか南米で夏を過ごしてみたいと思うようになりました。
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧