Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

「最強の拠り所/最後の抵抗線」としての「辞書」

早稲田あかねで知り合った1994年生まれの20代青年と政治の話になり、私が、「『左翼』っていったら誰を思い浮かぶ?」と聞いたら、しばし逡巡して、若者は、「菅直人、小沢一郎、それから田母神サン?」と答えてくれた。

菅直人、小沢一郎、田母神俊雄は、それぞれ自分が「左翼」といわれれば否定するだろう。「左翼」には、それなりに「辞書的定義」がある。

しかし、この青年が上記の三者を「左翼」と答えたのは、なぜか肌感覚のリアル感があった。現代の日本のとりわけネット上の言論の磁場が、そうなっているからだ(田母神はご愛嬌)。すなわち、「辞書的定義」以上に、言葉の自由市場における「流通的定義」がそうなっているからだ。


          ***


イデオロギー闘争とは、いわば「言葉の使い方をめぐる闘争」といえる。それはすなわち、言葉の定義をいかに「自分に有利なように」変形させて流通させるかをめぐる闘争といえよう。

自分に有利なように言葉を「恣意的」に変容させ、そしてそれをいか「普遍的」なものとして流通させるか。それが「イデオロギー闘争」の要諦と思える。

そして「左翼」は、今そのような形で、言葉の自由市場のなかで変容させられている。言葉の「辞書的定義」から逸脱して、とかく「安倍政権にとって気に食わぬもの」一般を漠然と名指す言葉として、既成事実的に流通している。


          ***


リンカーンの言葉に、「犬の尾を足と呼んでも、犬の足を5本にすることはできない(How many legs does a dog have If you call his tail a leg? Four. Saying that a tail is a leg doesn't make it a leg)」というのがある。

このリンカーンの言葉を知った時、リンカーンもまた激しい「イデオロギー闘争」のなかを生きていたのだと感じた。「尾」を決して「足」とは呼ばせない、「足」の定義にこだわる姿勢がある。


          ***


たとえば、「立憲主義」という言葉は、「国家の権力制限」というのが辞書の意味だ。しかし、いつのまにか、「国柄」、「古来からの国の形」「国の伝統的価値観」といったような意味に変容されつつある。

リベラルや左派は、「それは辞書的な意味とは違う」、「ばかなネトウヨ/産経三流文化人のされごと」、「いちいち反論するに値せず」として見過ごしてきたかもしれない。

しかし、言葉の市場のなかでそれが「多数派」になれば、いずれ辞書までも、「立憲主義=古来からの国柄」と掲載されてしまうだろう。


          ***


イデロオギー闘争の「最強の拠り所」は、辞書だ。
だから安倍政権も辞書に最低限のリップサービスを払わざるをえない。

そして、イデオロギー闘争の「最後の抵抗線」もまた、辞書だ。
既成事実的な言葉の「恣意的流通」の前に、辞書の定義さえもが変えられないために。


[PR]
by akai1127ohi | 2017-05-13 00:57 | Comments(0)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧