Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

夫婦別姓訴訟をめぐる最高裁判決を読んで

些細なきっかけで夫婦別姓訴訟をめぐる最高裁判決を散読してみる。

読みながらなぜか、窃盗罪は一見倫理的に正しいが、財産を所有するものの利益のみを擁護しているとして法の階級的恣意性を指摘したマルクスの批判を思い出した。(財産を持たない者は窃盗罪の恩恵にそもそも与れない)。

法律は、その理論だけを追うと理論的に完結しているものの、経済関係やジェンダー関係など「法律外」との権力関係で見ると、法律がある種の現状維持の機能、すなわち「現状から利益を得ている人たちの立場」を正当化する機能を果たしていることがしばしばあるだろう。(法が「イデオロギー」として機能している、とも)。

最高裁は、その辺、もちろんプロなので、話を「法律の内部」にだけ限定して論理の一貫性を築いている。同時に、自分たちの論理の一貫性が法律の「内部」だけのものであるということも自覚しているようである。

でありながら、「法律外の権力関係」に口を挟むのは法曹家として「越権行為」であるとする職業的矜持か、法律外の権力関係は務めて捨象するという、良くいえば謙虚な、悪くいえば退嬰的で野心を欠いた保身も行間から感じる。

最高裁判決を読みながら、形式的権利における男女平等が実際の社会的承認における男女間の公平に必ずしもつながらないという、第二波フェミニズムが提起してきた長年の課題を強く感じた。

20世紀フェミニズムの教科書的理解では、第一波フェミニズムが両性の法的政治的権利(とりわけ参政権)を主張して登場するも、20世紀前半でおおむねその目的を達成した後、そのような形式的な権利が実現しても様々な社会構造上の不利な構造(いわゆる「ガラスの天井」)が存在することを自覚し、それゆえ第二波フェミニズムが出てきた(1960年代以降)。

現行の民法750条でもまさに、「女性は男性の姓に改姓すべし」とは書いていないし、夫婦が「協議」して決定できることになっていて、法律の上では差別はない。だが、現実的には96%の女性が男性の姓を名乗ることになっている。それには、ミクロな権力、「常識」、社会的体面、風習などいろいろな「法律外」の構造があろう。

現実には民法750条は、夫妻どちらかの氏を「協議」によって選択できるとしながら、同条文は実質的には「男性の氏による夫婦同姓」として機能している。しかし、法律にしたがえば、きちんとしっかり、なんともPC的に、結婚に伴う氏の変更は両性の「協議」によるのである。罵詈雑言の名手マルクスだったら、「なんとありがたき『協議』による決定!」と毒づいただろう。

「夫婦が『協議』によって氏を決めれば96%が男性の氏となる」という現実的なミクロな構造/社会的な磁場が歴然と存在するなかで、「協議による夫婦同姓」を法律が定め、「改姓の不利益は存在するが通称使用で緩和される」と述べることは、どのような機能を果たし、誰の利益を代弁しているか。民法750条が、「両性のうちどちらの側の既得権」を擁護する機能を果たしているかは、明瞭のように思える。

判決では、改姓に伴う不利益の度合いが社会通念上許容範囲かどうか、というところが焦点になったようで、判決が投げたように国会が議論するべきなのだろうが、とはいえ、国会の現状は司法よりもさらに「救いなし」のような感覚なのだから、これまたなんとも・・・という感覚が残る。
[PR]
by akai1127ohi | 2015-12-24 02:24 | 政治時評 | Comments(0)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧