Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

ヒラリー・クリントンの政治スタンスと2016年米国大統領選

来たるべき2016年アメリカ大統領選でヒラリー優勢という時局報道断の下、次期大統領について先回りして知っておこうと、ヒラリー・クリントン『リヴィング・ヒストリー(上・下)』(ハヤカワ文庫2007)を読了。感想を羅列しておきます。

               ***

『上巻』を一読して、中産階級出身の優等生少女の政治的成長が、古き良き戦後アメリカ社会の雰囲気を背景に浮かび上がる。

ヒラリーの政治的覚醒の前半は、共和党支持で政治好きな父親といつも討論し、キング牧師の演説のために都市に足を延ばせば、ソ連からの亡命者の過酷な話を聞いて『反共』主義の思いを強め、女子大で化粧の労なく勉学に励み、アメリカを愛すがゆえにベトナム反戦に加わり、イェール大学ロースクールで「北欧のバイキング」のようなビルとの出会い、州知事の妻としてアーカンソーへ赴く……と、まあこんな感じである。どこか「マイルドな樺美智子」という気もする。

『下巻』はファースト・レイディ時代の活動が中心で、共和党キングリッジへの批判、1997年の北京での世界女性会議での演説、ブレア政権との政策的思想的親近関係、上院議員への挑戦、祖国アメリカへのつきることのない愛など。

ビルの不倫問題と弾劾裁判の箇所では、かなり率直に強い言辞でビルに対する怒りを表明し、「長い謝罪の旅」に出るビルを「自業自得」と突き放しながら、その後の長い夫婦のカウンセリングや煩悶をへて、ともに結婚生活を続けていくにいたる関係の再起が描かれている。

また、ヒラリーにとって、苦境に立たされた時の相談相手として、ケネディ・オナシス(ケネディ大統領未亡人)とともに、心の中での「対話相手」としてエレノア・ルーズヴェルトというのも興味深い。

               ***

政治における夫婦=男女のパートナーシップということも考えさせられる。

『金大中獄中書簡』(岩波1983)での金大中の手紙の多くは妻であり同志である李姫鎬に宛てたものだが、その手紙はすべて、「愛し尊敬するあなたへ」で始まる。F・ルーズヴェルトとエレノアの関係も、「この人ありてこの人あり」という思想的な相互関係がある。

ヒラリーとビルの関係も、信頼関係が決定的に破壊される局面もあったようだが、総じて、時代の過酷さは大きく異なるが、金大中と李姫鎬、あるいはルーズヴェルトとエレノアをの関係彷彿とさせるものも垣間見える。

               ***

ヒラリーの政治スタンスを日本政治で翻訳すれば、児童権利や女性権利、LGBTなど社会的価値観では極めて進歩的で、日本でいえば福島みずほ氏だろう。経済政策は分厚い中間階層への支援と国民皆保険制度が念願で、日本で言えば民主党の長妻グループといったところか。

試みに、ヒラリーについて、ヨーロッパ政治の語彙でもって "Is she left?" と聞かれれば、さしあたりは"The answer is arguably YES” と応えてよいだろうと思う。

とはいえ、米国大統領となれば、外交軍事では当然、軍事力を行使する局面は出てくるだろう。その是非についてはその対象や状況に応じて判断するしかないだろう。しかし大事なのは、「だからヒラリーも米帝主義者だ」と性格づけて「失望」しないこと、それで肯定的部分も捨て去ってしまわないこと、のように思える。

               ***

仮にヒラリーが2016年大統領選に当選しても、年齢的な条件(就任時69歳)もあり、一期だけかもしれない。しかし、その一期4年の「業績」がどうであれ、女性がアメリカの大統領になったという事実は「前例」として、アメリカ政治を方向付ける規定力を持つだろう。

「初めての黒人大統領」が「二人目の黒人大統領」の誕生をいとも容易にするであろうように、「初めの女性大統領」は、たとえ一期であろうとも、アメリカ有権者に「女性大統領」という idea に慣馴化させ、次に続く「二人目の女性大統領」の出現を、はるかに容易にするだろう。

               ***
 
人は時々、誤まった時局的判断によって、後世の歴史家の笑いものになる。

だが、現在無言の歴史家よりは、あえて同時代的判断を表明して、「歴史家の審判」なるものを受ける特権を行使したいとも思う。

来たるべき大統領選では、米国51番目の州(属州?)「ニホン州」の有権者として、私はヒラリーに投票したい(くらいの気持ちです)。その態度表明によって、ささやかながら「歴史の審判」を受けてみたいと思う。
[PR]
by akai1127ohi | 2015-02-27 01:30 | 政治時評 | Comments(1)
Commented by VOA at 2016-06-28 02:24 x
いわゆる「頭悪いサヨク」を批判するあまりに、右側に寄り添ってしまう。

「「失望」しないこと、それで肯定的な部分も捨て去ってしまわないこと」

ああ、シンプルな二分法。

ヒラリーがleft???
ヨーロッパのleftに、ぜひ聞いてみてくださいね。

このブログの文章は、なんで「リベラル」はダメなるのか、その原因を分析する上で非常に役立っております。

こういうふうに批判している僕はどっちだと思われますか。確かに「リベラル」ではないでしょう。ウヨクでめないかも。じゃあ、「頭悪いサヨク」か。
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧