Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

政治時評(35)ーシリア内戦と英米(仏)の帰趨

かつて羽仁五郎は、朝、新聞を読む際に、氏独自の「マルクス主義史観」に従って歴史前進的ニュースに赤で、歴史後退的ニュースには青で線を引き、以て政局観の鍛錬に務めたという。一つの卓見と思う。とはいえ、日々刻々と変化する昨今のエジプトやシリア情勢を見れば、赤青二色では足らぬという感も否めない。

                    ***

8月29日現在のシリア情勢、局面はイラク戦争開戦時と「似ている」。英米(仏)は国連安保理決議という正統性を一応模索するが、実際は安保理決議なしでも限定攻撃「辞さず」の構えだ。米国が拙速な軍事介入に出ることを何よりも危惧する。それは結果的にオバマ政権の歴史的評価の低下になる可能性が高い予感がしてならない。

しかし、2011年以降のシリア内戦におけるアサド政権による反体制派や市民への弾圧の深刻さは(日本では報道稀少ゆえにわかに浮かび上がった感だが)英語圏、少なくともBBCでは持続的に関心が注がれてきた。政権側による反体制弾圧の深刻さは、イラクをかろうじて「統治」していたフセイン政権とは「異なる」種類のものと思える。

                    ***

そのアサド政権が、自国の一般市民に対して化学兵器を使用したとすれば、米国なども「無反応」は厳しいと思える。国際問題において何が「普遍的基準」かは、それ自体がイデオロギー闘争の課題だが、そうはいっても経験的に踏襲された政治道徳律があると思える。問われるべきは、アサド政権に対して「いかなる反応」をするか、すなわち「軍事的反応」か、それとも「政治的な/civillianな反応」か、だと思える。

イラク戦争は大量破壊兵器疑惑に対する国連とIAEAの査察を打ち切る形で開戦され、多くの禍根を残した/残している。その教訓を踏まえるならば、とにかくシリア政権の化学兵器利用の有無と反体制派弾圧の実態に関する国連調査団の綿密調査とその公表が必須だろう。「軍事的解決」の圧力を前にした、どこまでも「政治的解決」追及にこそ現下の喫緊の焦点があると思える。
[PR]
by akai1127ohi | 2013-08-29 22:28 | 政治時評 | Comments(0)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧