Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

政治時評(33)ー「鳩菅」の落日と民主党現執行部の行方

自民党に何を言っても焼け石に水。共産党に何を言っても聞かれないだろう。その点、民主党への意見は、どこかでこの党の今後に影響を与えられるのではという気がする/してきた。

民主党、それは右往左往、優柔不断を続ける日和見主義の集団、どんな形にもなるアイスクリーム。だからこそ、自分の叱咤激励が、この党のこれからの形に、少しでも影響を与えられるような気がした/してきた。

民主党、それは右往左往、優柔不断を続ける日和見主義の集団。だがそんな頼りない姿に、自民党政治ではもはや駄目だとうっすら自覚しつつ、かといって新しい政治にも踏み出す勇気もないまま、踏ん切りがつかず逡巡している「われわれ日本の有権者」姿それ自体が重なって見えた。民主党の弱さはわれわれ日本有権者みんなの弱さを体現しているように思えて、それを外から鞭打つような気持ちになれないできた。

叱咤に重きをおいた叱咤激励、批判に重きをおいた批判的期待を寄せながら、民主党にはどこかいとおしい気持ちもしてきた。玉石混合、曖昧灰色だからこそ、そして日を追うごとに石が増え、灰色の黒味が勝ってきたにせよ、それでも残る玉に、それでも残る白に、望みをかけようと努めてきた。最後の最後で、民主党は私にとって、「あっち側」の存在ではなかった。

               ***

過日(2013年7月)の参議院選挙での東京選挙区での「分裂・共倒れ」を契機に、民主党執行部が菅元首相に離党勧告をした。東京選挙区の分裂は「ボタンの掛け違い」かもしれないが、初めにボタンを掛け違えたのは現執行部であろう。「党内ガバナンス」を口実に、これを好機とばかり鳩山イメージ払拭と菅氏放逐を狙う党内保守派、それに結託的に押し切られる日和見執行部の図が透けて見える。

メディアの「反共」ならぬ「反『民』攻撃」傾向は一向に変化の兆しなく、有権者の「懲罰感情」(長島昭久)なる趨勢も不可解である。しかし現執行部は、鳩菅をスケープゴートにしてそれら民主党への悪評一切を彼らに負わせようとしていまいか。民主党が鳩菅にこの仕打ちを完遂するなら、私は同党を完全に見限る。

               ***

民主党という器、残るにせよ消えるにせよ、もはや2009年政権交代の民主党という器は消えるだろう。菅氏除名となれば、私の気持ちを最後の最後でこの器とどこか結んでいた愛着も、消えていく。民主党に対する批判、民主党批判に対する批判のそれぞれを反芻しつつ、複雑な思いを抱えながら、2009年政権交代の送り火を見ている。
[PR]
by akai1127ohi | 2013-07-25 04:45 | 政治時評 | Comments(0)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧