Modest Comments on What I Have Read


Modest Comments on contenporary politics by Akai OHI (Twitter:@AkaiOHI)。
by akai1127ohi
プロフィールを見る
画像一覧

「日本の夜と霧」(大島渚監督、1960年・日本)

1955年のいわゆる「55年体制」とは、通常、①自民党と社会党の1と1/2体制、②族議員、官僚、公益法人とによる「鉄の三角形」の利害構造の確立が指摘される。しかし、この年の生じたもう一つの出来事として、③日本共産党の再統一と「新左翼」の形成がある。

1950年に分裂した共産党は、山村工作隊などその間の一部の冒険主義を自己批判し1955年に統一を回復する。政党としては穏健議会主義、日常闘争主義を採用し、学生組織としては自治会のサービス機関化を進める。学生運動の現場では、「歌ってマルクス、踊ってレーニン」ともいわれる、レクと交流を通した学生の組織化を進めることになる。(この時代の日本共産党は、現在の日本共産党とは分けて捉える必要があることも付記しておく。)

それまで党の武装路線に忠実であり、またその実働部隊であった学生党員にとって、この急激な路線変換が与えた衝撃は大きく、それは「六全協ショック」として少なからぬトラウマとなる。1945年の終戦で軍国主義から「民主主義」への価値転換を他律的に経験してた当時の学生世代にとって、この共産党の急激な路線転換は「二度目の大転換」であり、「敗戦による挫折に匹敵する大転換」(『60年安保―6人の証言』、同時代社、p76)だったという。(共産党がある意味で「国民」政党化し、在日コリアンの「日本」共産党への入党ができなくなったのも「六全協」以降だと思います)。

この結果、「六全協」によって党を離脱した島成郎、森田実などの学生たちが、60年安保「全学連」を結成し、これが日本における「新左翼」の端緒となる。日本における「新左翼」とはつまり、少なくともその初期においては、それまでの共産党の冒険主義路線を「六全協」以降も忠実に継承した人々だといえよう。二階に上がって梯子をはずされた学生たちの一部はその後も過激化を続ける。そのなれの果てである浅間山荘(1972年)は、その意味で、かつての山村工作隊の時宜はずれの実践だったと思います。

1955年は、共産党の穏健化、議会政党化、「国民」政党化と、それに反発してそこから乖離した「新左翼」の形成という意味でも、戦後日本の一つの構図ができた年だと思える。

               ***

大島渚「日本の夜と霧」(1960年)を見た。

背景知識がなければ、基本的に退屈で、しかし何ともいえないインパクトだけは与える映画としてのみ印象づけられるだろう。おそらくそのような理由から、インターネットでいくつか映画評を見ても、肯綮を外した映画評が多いと思う。

「現場でテンション高めて一気にしゃべり倒したような具合」、「もう噛もうが詰まろうが言いたいことを喋ればそれでOKとばかりに異様なまでの集中力」、「出来上がった作品のあまりにも娯楽性無視の内容」など。そのなかで、「大島作品には『参加すること』が求められているのである。当事者意識無しに画面を眺めるだけではアラ以外の何者も見えてこないのである」という意見に同意したい。

               ***

この映画では、当時の学生運動内部における多層的対立の諸相が、まったく整理されないアトランダムな調子で、実に明瞭に描き出されている。対立の諸相を紐解けば、たとえば以下です。

①55年(「六全協ショック」)を経験した世代と60年世代との対立。
60年安保世代の大田(津川雅彦)がいきり立つ相手は、親ではなく兄貴(55年世代)です。5年程度の年齢の差異が、抜きがたい兄弟的/姉妹的世代間対立をもたらしている。

②党員活動家と非党員活動家との対立(前衛vs「大衆」)。
これはこの映画で浮き彫りにされる対立の最も主要なものです。党員は理論的には強いが自己の自律的判断を組織に委ねている。非党員は理論的には弱く弁舌も立たないが、その非断定的な思考態度は結果的に流動的状況におけるある種の一貫性を示している。一長一短。

③親が裕福な党員とそうでない党員の状況差異(家庭階層格差)。
知的素養をもったインテリ主義から党に接近した学生党員(中山)と、実感的なプロレタリア意識から社会主義に接近した学生党員(野沢)の微妙な差異。

④女をめぐる男たちの対立(運動的マッチョイズム)。
同一イデオロギー内における、女をめぐる男同士の本能的/生物的競合。ここでモノをいうのは知識でも学習指定文献の読破量でもなく、純粋に男の魅力です。

⑤女と男の対立(フェミニズム)。
運動における女の位置(の複雑さ)。「革命」を一見共通の理念とした上で隠蔽される男女性的関係における手段視。

これらの複雑な対立構図を解きほぐしていけば、それらしい映画評はいくらでも書けそうである。私はこの映画を、多くのものを考えさせる、優れた芸術作品だと思いました。
[PR]
by akai1127ohi | 2010-12-04 00:30 | Comments(0)
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
愛国心を育てる名言
from 愛国心を育てる名言
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧